きみは断崖

にんげんがにんげんにするそのことを傷と呼びつつ無傷であつた 

だれからもゆるされてゐるおとうとにばかだといへばさうだとわらふ

おとうとよ なにもかもどうでもよくなつてみるひまわりよ きみは断崖